スマホチャットレディの求人募集

かわいくなければチャットレディになれない?向いてないの?

まず最初に、チャットレディは基本的に「18歳以上の女性」であれば誰でもなることができます。

 

チャットレディとして働くためには、チャットサイトに登録する必要がありますが
応募資格である18歳以上の女性であれば、簡単なフォームに情報を入力することで仮登録となり
仮登録後の審査の際に、身分証明書を提出できれば”基本的に全採用”です。

 

当サイトで紹介している「ファム(FAMU)」に関しては、人妻系サイトというコンセプトのため
「25歳以上」となっていますが、18歳〜25歳までの間であれば姉妹サイトの「モコム(Mocom)」で働けます。

 

25歳を超えていれば、どちらのサイトでも働くことができますが

 

基本的には、

 

18歳以上25歳未満は「モコム」

 

25歳以上は「ファム」

 

という基準で考えましょう。

 

これは”稼ぎやすさ”にも関わる、合理的な選択と言えます。

 

その際に、容姿を気にしてチャットレディの求人に応募するのをためらっているのはもったいないことです。

 

誰でにも扉を開けている、且つ稼げるという貴重な仕事であり
「かわいくないから無理なんじゃないか?」ということは、始める前から考える必要のないことです。

 

「見た目」と「中身」の両方が必要という当たり前のこと

 

はっきり言えば、かわいい・美人である方が有利な仕事であることは事実です。

 

しかしながら、

 

かわいくなければなれない

 

ということもなければ、

 

かわいいからと言って必ず稼げるわけではない

 

という仕事もあります。

 

極端な話ですが、不細工だとしても、「お話したい」というお客さんが集まれば稼げます。

 

一方で、「かわいいけど面白くない」のであれば、お客さんは離れていってしまいます。

 

あくまで「コミュニケーション」が主体の娯楽

 

現代のチャットサイトというのは、ライブチャットを中心として
様々なシステムを利用することができる、拡張性の高い娯楽となっています。

 

その目的や嗜好に合わせて、ジャンルも多彩に用意されています。

 

しかしながら、その大元のコンセプトはやはり「チャット(おしゃべり)」であり
コミュニケーションを通じて、お互いの関係性を高めることでより楽しくなっていくものです。

 

これには「相性」といったことも大きく関わることになりますが。
いずれにしても、「見た目よりも中身」と言えることは間違いありません。

 

チャットサイトを利用するユーザーというのは、美人を見に来るのではなく
楽しい時間を提供してくれる、自分と一緒に作ってくれる相手を探しに来るのです。

 

ここでも、もちろんかわいいことに越したことはありません。

 

しかしながら、それだけでなく、あくまでく「その他の要素」との総合点で選ばれるものなのです。

 

「おしゃべりがしたい」と思ってもらえる存在になること

 

これはチャットの仕事の本質とも言えることですが、
相手にとって「いい時間」を提供することが、そもそものチャットレディの”お仕事”なのです。

 

  • 自分の話をひたすらしたい人の話に耳を傾け
  • 相談したい人の気持ちになったアドバイスをし
  • 明日頑張れるように応援してあげる

 

ユーザがチャットレディに求めているものは、ユーザーの数だけあります。

 

その分、チャットレディができるアプローチにも、様々なものがあります。

 

チャットサイトというのは、基本的には女性とおしゃべりがしたい男性が集まるメディアですが
それぞれが違う人間であり、「その人に合ったその人のための対応」を毎回変えていくことが必要です。

 

それによって、少しずつ自分のことを”気に入って”もらい
リピーター・常連になってもらえることで、お客さんからの人気が集まることになります。

 

結果的に、稼げる報酬も上がっていくことになります。

 

楽しんで取り組む姿勢が一番大切

 

繰り返しになりますが、「ブスだからダメ」と選考を落とされることはありません。

 

また、かわいいから稼げる・かわいくないから稼げない、と単純に言えない仕事です。

 

もし見た目に自信がないのであれば、その分を見た目以外の要素でカバーすればいいのです。

 

その際には、”チャット”という本来の目的を活かすべきであり、少しでも楽しい時間を提供できるようにしましょう。

 

また、たとえ見た目に自信がないとしても、少なからず努力しましょう。

 

「見た目を諦めている」と思わるのではなく、「どんどんかわいくなっている」と思われるよう、意識することが大切です。

 

そして何よりも、「自分も楽しむ」ということが、たくさんの人に好かれるための大きなポイントであると言えます。

page top